So-net無料ブログ作成

寺家とその周辺の秋(Ⅱ) [寺家(じけ)]

今年の秋はいつまでも暑さが続いたり、大きな台風が襲ったりして、例年のような静かな秋というわけには行きません。それでも季節は確実に進み、一歩一歩冬に向かっています。
寺家の秋も進みました。最近の寺家とその周辺の秋をお伝えします。

寺家からすぐ近い山の中でトリカブトの花が咲いていました。猛毒のトリカブトがこんな身近なところに自生しているとは知りませんでした。トリカブトはその根だけでなく、花や茎にも毒があるそうですが、こうして写真に撮ってみると毒花とは思えないほど可憐です。
1.JPG

ミズヒキには赤い花だけでなく、白い花のギンミズヒキ、黄色い花のキンミズヒキがありますが、やはり赤いミズヒキがいちばん多く咲いています。とても小さな花ですが、こうしてアップで見ると綺麗な花です。
2.JPG

寺家ではあちこちの湿地でミゾソバがたくさん咲いています。赤いミゾソバは何度かアップしましたが、白いミゾソバもあります。
3.JPG

これは変わった形の花です。イヌショウマです。たくさん見かけました。
4.JPG

寺家からほど近い町田の高蔵寺の庭には萩が綺麗に咲きました。
5.JPG

寺家の谷戸の奥でひっつきむし(オオオナモミ)を久しぶりに見つけました。子供のころ、これを投げ合って衣服にくっつけて遊んだものです。いまの子供に見せても「何これ?」という感じでしょうね。
6.JPG

寺家の山奥で小さな花を見つけました。オオイヌノフグリより少し大きめの花です。アップで撮るとこんな小さな花も精巧に作られています。自然の造影美に脱帽です。ネットで調べたら、コフウロ(小風露)のようです。
7.JPG

寺家にマヤランが咲いています。とても珍しいです。結構長い期間咲いています。
8.JPG

ヒヨドリジョウゴの実が赤く色付き始めました。直径1センチほどの小さな実です。
9.JPG

寺家の森の中で頭上を見上げるとアケビの実がなっていました。もう種が飛び出してしまった(あるいは野鳥に食べられた)ものもありますが、皮の部分は天ぷらにしたら美味しそうです。
10.JPG

寺家の隣の三輪町の山奥に入ると、アキノギンリョウソウ(秋の銀竜草)が顔を出していました。別名幽霊茸とも呼ばれています。
11.JPG

綺麗な白いキノコです。でも、これは日本で一番毒性の強いキノコ、ドクツルタケです。欧米では死の天使(destroying angel)と恐れられているそうです。これまでテングダケが一番の猛毒キノコかと思っていましたが、もっと強い毒キノコがあるのですね。
12.JPG

一時期、雀の減少が話題になっていましたが、最近また増えているように思えます。とくにこの季節は餌が豊富で、集団で飛び回っています。やっと集団の写真が撮れました。
13.JPG

雀の集団を見て、私が中国駐在中に聞いた面白い話を思い出しました。中国の文革のころの食糧難に喘ぐ農民が集団で雀を捉える話です。農民は相談して雀の止まりそうな場所に分散して待機します。雀の集団を見つけたグループは、鐘と太鼓の音で雀を脅して飛び立たせます。雀の集団が飛んで行った先には別の農民グループがいて、彼らも鐘と太鼓を打ちならします。雀というのは連続して5分くらいしか飛べないそうです。このため、どこへ行っても鐘と太鼓で脅された雀はヘトヘトになって飛べなくなり、ポロポロと地面に落ちてきます。農民はそれを手で拾って袋に詰め込みます。こうして沢山の雀が捕まえられたそうです。最初この話を聞いた時、「よく出来た話だけど、眉唾くさいなあ」と思いました。ところが、中国で生まれ18歳まで中国に住んでいたという日本人が私と同じ会社に勤めていて、彼自身の口から「私も雀狩りに参加しました」というのを聞いて信じざるを得なくなりました。

話題は変わります。寺家の谷戸に案山子が登場しました。この案山子どこかで見たようだと思ってよく見ると、マイケルジャクソンをモデルにしているようです。
14.JPG

蜘蛛が独り言で、「なんだ~? 信号は赤か青か? 俺はどの信号を見ればいいんだよ~???」と言っている感じの写真を撮りました。太陽光を受けて光っている蜘蛛の巣の向こうにある葉っぱが、たまたま緑色、黄色、赤色、などに輝いていました。蜘蛛の巣にピントを合わせ、葉っぱをぼかした結果こうなりました。
15.JPG

アカボシゴマダラの翅の部分をアップで撮影しました。黒い翅にくっきりと赤い斑点が見えます。
16.JPG

ホシホウジャク(星蜂雀)が花の蜜を求めて飛び回っています。空中でホバリングしながらストローのような長い口を伸ばして上手に蜜を吸っています。
17.JPG

蜜を吸い終わって花から離れると、このストロー状の口はクルクルと丸まって渦巻状になります。見ていてとても面白いです。
18.JPG

三輪町の畑の脇に猫じゃらし(エノコログサ)が沢山あって逆光に輝いていました。
19.JPG

寺家の夕焼けが綺麗な日がありました。赤く焼けた雲が空高く伸びていました。夕焼けを強調するように画像処理してみました。油絵調の写真になりました。
20.JPG

秋はいろいろな花や木の実、キノコ、蝶々、昆虫などが豊富に見られます。寺家とその周辺を歩くと、毎回目新しいものに出会えます。冬が来るとそれらが少なくなりますので、今のうちにいろいろな出会いを求めて歩き回っています。

寺家とその周辺の生き物たち [寺家(じけ)]

前回のブログで寺家とその周辺で見かけた植物をご紹介しましたが、今回は生き物たちをご覧下さい。

最近、いろいろな蝶々が飛び回っています。冬が来る前に最後の子孫を残そうとしているように思えます。
これはヒメアカタテハです。コスモスの間を飛び回っていました。
1ヒメアカタテハ.JPG

ツマグロヒョウモンをよく見かけます。とくにメスが多いです。これはアザミに止まるツマグロヒョウモンのオス(上)とメス(下)です。
2ツマグロヒョウモン.jpg

カラスアゲハもよく飛んでいます。翅の一部を拡大して撮ると銀河の爆発のような模様が見えます。
3.JPG

ワレモコウ(吾亦紅)の花に赤とんぼが止まっていました。秋だというのに、まだナツアカネが飛んでいました。
4.JPG

何年かぶりにイトトンボに遭遇しました。アオイトトンボのようです。こどもの頃は沼地に行くとたくさんいましたが、最近はめったに見かけません。
5.JPG

今年はなぜかスズメバチが多いようです。寺家を歩いていると体のすぐ近くを飛び回ります。身近にも二人ほど刺された人がいます。これはノダケに止まるスズメバチです。
5ノダケに止まるスズメバチ.JPG

コナラの木の周りにスズメバチが飛び回っているので、近づいてみると木の洞の中に巣を作っているようです。怖いもの見たさで1mくらいまで近づいて撮影しました。今にして思えば、よく刺されないで済んだものです。
7.JPG

小さなカマキリを見つけました。まだ子供だと思いますが、レンズを向けると一人前にファイティングポーズを取りました。
8.JPG

寺家にはカメムシもいろいろいます。これはアカスジキンカメムシです。上が幼虫で下が成虫です。全く違った種類に見えます。
9アカスジキンカケムシ.jpg

カメムシは大きくなるにつれて、ずいぶん色がかわるようです。これはキバラヘリカメムシです。上が幼虫で下が成虫です。成虫は背中が黒くなります。
10キバラヘリカメムシ.jpg

ところが、羽化したてはこんな色です。これがどのような経過を辿って黒くなっていくのか、不思議です。
11キバラヘリカメムシ幼虫.JPG

これはエサキモンキツノカメムシです。背中のハートマークが特徴です。
12.JPG

寺家の大池の奥の藪の中にゴイサギが止まっていました。魚を狙うでもなく、じっとしています。でもよく見ると、瞼が重いのです。いかにも眠そう。瞼を閉じたり開けたり、半開きにしたりしていました。ゴイサギの瞼は下から上に閉じるのですね。
13.jpg

陽が西に傾きかけると、送電線の鉄塔にムクドリがぞくぞくと集まって来ました。居心地いいのですかね?
14.JPG

森の中を歩いていると目の前を小鳥が這いずるようにして逃げました。近寄ってみるとエナガのようです。まだ飛べないのに巣から落ちたのか、どこか怪我でもしているのか分かりませんが、飛ぶことができないようです。そのうちに森の藪の中に隠れてしまいました。蛇にでも襲われなければいいのですが。エナガは目がとても可愛いいです。
15.JPG

以前NHKテレビで恩田川のカワセミの子育ての放映をしていました。その情報を提供したYさんら恩田川の鳥仲間の人達と知り合いになれました。恩田川でいろいろ説明をしてもらいました。恩田川のカワセミは名前がついているそうです。例えば、都橋の近くにいたメスはハルミちゃん(都はるみから)などです。でもこのカワセミはまだ幼鳥でオスかメスかわからないので、名前が決まっていないそうです。さ~て、だれがゴッドファーザー(あるいはマザー)になるのか楽しみです。
16.JPG

今年大池で生まれた牛蛙のオタマジャクシに、手が出て足が出ました。でもまだしっぽはくっついたままです。顔だけは一人前の面構えをしています。
17.JPG

寺家を歩くと色々な動植物に出会えます。それらは季節によって変わりますので、季節の判断基準になります。でもそれはカレンダーの日付とは違って、その年の暑さ寒さによって変わります。人も生き物ですから、カレンダーの日付より動植物の知らせてくれる季節のほうが実感に合っています。

寺家とその周辺の秋 [寺家(じけ)]

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、お彼岸を過ぎるとめっきり涼しくなり、過ごしやすくなりました。どこからともなく、金木犀の香りが漂ってきます。春の沈丁花と秋の金木犀は香りで季節を告げてくれます。

寺家や早野でもあちこちで秋の風情が漂っています。今日はそんな秋の情景をお伝えします。

9月19日には中秋の名月が綺麗に見えました。しかも完全な満月になる時刻が、今年は20時13分という都合の良い時間帯になりました。カメラのレンズを2400ミリ相当にしてその時間の月を狙いました。ちょうど画面いっぱいに月が写りました。心なしか、今年の満月は本当にまんまるく感じられます。
1-20時13分.JPG

雨の多い台風も通過しました。台風が過ぎ去ったあとには綺麗な夕焼け空が見えました。
2.JPG

寺家やその周辺を歩くと、いろいろな秋の動植物に出会えます。その中から今回は植物だけを選んでみました。
これは寺家の森の中に自生しているムラサキシキブの実です。だいぶ紫色が濃くなっていました。
3.JPG

毎年同じところに顔を出すツルニンジン(別名:ジイソブ)も綺麗に咲きました。
4.JPG

大池の奥ではツリフネソウも見頃を迎えています。
5.JPG

紫色だけではなく、黄色のツリフネソウ(キツリフネ)も咲いています。
6.JPG

今年もタマゴダケがたくさん顔を出しました。でも残念なことにすぐ誰かに持っていかれてしまいました。食べると美味しいという話が広まってしまったようです。
7.JPG

寺家の森の脇にはミゾソバも咲いています。とても小さな花ですが、こうして拡大してみるとピンクのグラデーションが綺麗な花です。
8.JPG

早野の炭焼小屋のそばの彼岸花も綺麗に咲きました。
9.JPG

ここには白い彼岸花も咲いています。
10.JPG

早野の近くの下麻生の農家の梨畑には彼岸花が群生しています。500㎡くらいある農地いっぱいに真っ赤な花が咲いています。
11.JPG

その中の1輪を狙って望遠レンズで撮影すると、真っ赤なバックに彼岸花の真っ赤な花が浮かび上がります。
12.JPG

寺家ではもう半分以上の田んぼで稲刈りが終わりました。この田んぼでは鎌で刈り取りしています。いまどき鎌で刈り取りですかと思いましたが、刈り取り機を入れる場所を確保するため刈り取っていたのでした。納得です。
13.JPG

最近の刈り取り機は刈り取りだけではなく、脱穀も同時にこなします。脱穀したあとの稲藁だけがポーンと放り出されます。見ているだけで楽しくなります。


寺家の秋はこれからさらに深まります。涼しいところへ避難していた野鳥の声も少しずつ聞こえるようになってきました。それと同時にセミの声が殆ど聞こえなくなりました。嬉しいような寂しいような、複雑な気持ちになります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。