So-net無料ブログ作成

夏はそこまで [花鳥風月]

朝の寺家で一生懸命農作業をしている人がいました。しばらく佇んでその様子を見ていると、頭の中に「力耕不吾欺」という詩が思い浮かびました。力耕吾を欺かず:頑張って耕せば裏切られることはない、という意味です。私の好きな陶淵明の詩「移居」の一節です。 寺家ではもう田植えが始まっています。こうした地道な努力の積み重ねによって、秋になると美味しい米が収穫できます。
1.JPG

寺家とその周辺では春も過ぎ、夏がそこまで来ています。これは前回のブログにも掲載した朴(ホウ)の花です。朴の花は見頃の期間が短く、ひとつの花の見頃は1日くらいです。1日遅れると茶色っぽくなって萎れてしまいます。何度も寺家に行き、ちょうど見頃の花を見つけました。嬉しいです、やっとアップに耐える花に出会えました。とても綺麗です。
2.JPG

田圃の脇ではアザミも咲き始めました。
3.JPG

農家の庭先には綺麗なカルミアが咲いていました。中国に駐在していた時、肉厚がわずか0.5ミリほどの極薄の景徳鎮の白磁を見て感激したことがあります。この花を見ていると、極薄の陶磁器でできているような錯覚を覚えます。
4.JPG

寺家の山奥ではフタリシズカがひっそりと自生していました。山奥でこういう花に出会うと心和みます。
5.JPG

早野に行く途中の農家で珍しい竹を見つけました。亀甲竹(キッコウチク)です。もともと孟宗竹の突然変異だそうですが、節が交互に斜めになっています。京都府ではこの竹を使った製品を伝統工芸品に指定しているそうです。でも竹細工に使うのは難しそうです。
6.JPG

早野では綺麗なバラが咲いている家がありました。赤いバラと背景の畑の色がマッチして良い感じの色の組み合わせになりました。
7.JPG

また別の家には青いバラが咲いていました、ブルームーンでしょうか、とても綺麗です。
8.JPG

早野の山奥ではクサイチゴが沢山実を付けていました。ビー玉ほどの小さな実ですがこうして拡大するととても綺麗です。
9.JPG

さらに山奥では野生の茱萸の実が生っていました。子供のころ口に入れて感じた渋みが、ついこの間のことのように思い出されました。
10.JPG

藤が丘のもえぎ野公園に行くと、睡蓮が咲いていました。これを見ると夏の雰囲気です。
11.JPG

睡蓮の葉の上をぴょこぴょこ歩いている鳥がいました。バンです。嘴の赤と黄色のツートンカラーが特徴です。赤と緑の足も珍しいです。
12.JPG

睡蓮の葉の上に可愛い鳥がいます。カルガモの雛です。
13.JPG

生まれて一週間くらいでしょうか、産毛の黄色から茶色に変わりつつあるところです。
14.JPG

全部で8羽の雛がいました。一生懸命泳いで親の後を追いかける姿は見ていて微笑ましいです。
15.JPG

前回のブログで示した寺家の大池のカイツブリは二個の卵を産み抱卵しました。でも、その後の強風にあおられて枝が持ち上がり、卵は水没しました。その二日後にはまた産卵して抱卵しています。この逞しさには脱帽です。
16.JPG

寺家とその周辺では季節が春から夏に移りつつあり、野草や樹木のいろいろな花が咲き、野鳥や蝶々、そして蜻蛉などが活発に飛び回っています。

寺家の初夏 [寺家(じけ)]

「春だ、桜だ!」と楽しんでいるうちに季節は進み、昼間は汗ばむほどの陽気になって来ました。寺家の初夏です。木々も緑が濃くなり、いろいろな花も咲いています。今回はそんな寺家の様子をご紹介します。

その日は朝までかなり強い雨が降っていました。その雨が止むと空が急に明るくなり、陽が射し始めました。すると農道に溜まっていた雨水が蒸発し靄になりました。散歩中の男の人が幻想的に見えました。
1.JPG

もみじ林の若葉もだいぶ緑が濃くなってきました。
2.JPG

寺家の森の中には今年もキンランが綺麗に咲いています。
3.JPG

ギンランも咲いています。
4.JPG

ホウチャクソウ、アマドコロ、ナルコユリなどが咲いています。これはまだ花芽が小さいのでよく分かりませんが、アマドコロでしょうか、あるいはナルコユリかもしれません。朝日を受けて葉が美しく輝いていました。
5.JPG

タツナミソウも開花しました。
6.JPG

白いタツナミソウもありました。ピンクのタツナミソウを探していますがまだ見つかりません。
7.JPG

ムジナ池の横には杜若がたくさん咲きました。
8.JPG

鶴見川に行くと名残の菜の花に代わって花ウドが咲き誇っています。遠くに見えているのは東名横浜青葉インターです。
9.JPG

山奥に行くと大きな朴(ホウ)の木がありました。白い大きな花を咲かせていました。朴の木は朴葉焼きや朴歯下駄でもお馴染みですが、こんな身近に植わっているとは知りませんでした。
10.JPG

もっと山奥に行くと桐の花が満開でした。
11.JPG

ヤマボウシも開花しました。
12.JPG

モミジの実には可愛い羽根が付いています。秋になると風に吹かれてクルクル回りながら飛んで行きます。これはウチワカエデの実でしょうか、綺麗な赤色です。
13.JPG

藪の中を歩いていると珍しいアミガサダケを見つけました。食用になるそうです。
14.JPG

寺家の大池には2月から1羽のカイツブリが住み付いています。3ヶ月以上もパートナーが現れず、寂しく過ごしていました。
15.JPG

でも、5月3日にやっと待望の相棒が現れました。二人(2羽)して一生懸命巣作りを始めました。可愛い雛の誕生が待たれます。


寺家はいま一番輝いている季節です。森の中では鳥の囀りが賑やかです。足もとや木の上には綺麗な花が咲き乱れています。もうしばらくすると暑い夏がやってきます。

デジブックのアルバムいろいろ [写真]

春にはいろいろな芽生えや誕生があります。「春の息吹」をデジブックのアルバムにしました。サブタイトルは「この世に生を受けた喜び」です。


次に示す3篇は以前のブログの載せた写真をもとにデジブックのアルバムにしたものです。

これは、早野の里山ボランティアの人たちの感謝祭をまとめたものです。タイトルは「早野の春の感謝祭」サブタイトルは「里山ボランティアの春の楽しみ」です。


これはタイトルが「春の花の移ろい」、サブタイトルは「小さな春から大きな春へ」です。


そしてこれは、マガジンラックの出来るまでをまとめたもので、タイトルは「楽しい竹細工」、サブタイトルは「さ~て、何が出来上がりますことやら」です。


以上、お楽しみ頂けたら嬉しいです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。