So-net無料ブログ作成
検索選択

カイツブリの雛のその後 [寺家(じけ)]

以前のブログ「カイツブリの雛の誕生」では、7月10日から16日にかけて5羽の雛が生まれ、5羽目はその日のうちに行方不明となり4羽が育っていることを述べました。それから約1ヶ月過ぎました。その後の雛の様子をお知らせします。

4羽になってから兄弟姉妹仲良く育ちました。これは7月26日の写真です。母親の寅子が甲斐甲斐しく世話をして4羽ともずいぶん大きくなりました。それでも最初に生まれた2羽と後で生まれた2羽では少し大きさに差がつきました。
1.JPG

これは8月2日の写真です。母親が取って来た餌を貰おうと4羽が必死に追い掛け回しています。
2.JPG

1羽の雛が餌にありつきましたが、これはちょっと大きすぎます。なかなか食べられません。
3.JPG

こうしてカイツブリ一家には平和な時間が流れていました。でも悲劇が起きました。8月5日の朝、大池に行ってみると雛が3羽しかいないのです。小さい方の1羽が見当たりません。4日の夕方には4羽いましたので、その夜か次の日の朝早くに襲われたものと思われます。他の人と話をしても目撃者はいませんでしたので、何が雛を襲ったのか分かりません。ただ、その数日前から大池の奥の木に猛禽類のツミが止まっていたという話があり、「ツミが襲ったのだろう」という人もいます。「いや、ヘビが飲み込んだのだろう」と言う人もいますが、憶測話に留まっています。

これは、寅子と3羽の雛の様子です。
4.JPG

その後も母親の寅子は一生懸命に雛の面倒を見ていましたが、それに対し、父親(仮に寅夫としておきましょう)は1羽離れて遊んでばかりいました。そんな寅夫の態度に腹を立てたのでしょうか、8月10日の朝から寅子はいなくなってしまいました。カイツブリの子育ては、ある程度雛が大きくなると、片親は巣から出て行き1羽の親が育てますが、通常は父親が去って母親が育てるようです。でも今回は母親が出て行きました。人間社会にもありそうな話です。

寅子が去った後、寅夫が無事に子育てできるのか心配していました。でもそれは杞憂でした。寅夫は立派なイクメンに変身したのです。小さな雛には餌を与え、大きな雛は追い回して自分で餌を取るように教育しています。ひとまず安心して見ていられます。

ここで寅子と寅夫の見分け方について述べておきます。カイツブリはオスとメスが同じ姿ですので、簡単には見分けられません。そこで個体ごとの違いを認識して寅子と寅夫を識別していました。右の横顔の嘴のところの白い模様がわずかに違うのです。これが寅子の横顔です。楕円形の白い模様の一部が上に出っ張っています。
5.JPG

こちらが寅夫の右の横顔です。白い模様は楕円形のままです。この嘴の模様を見て寅夫と寅子を識別します。
6.JPG

ところで、カイツブリの雛を見ていて一つの疑問が湧きました。それは親と雛とで目の構造が違っていることです。
これは8月10日の寅夫と雛の顔の部分です。寅夫の瞳は黒目と白目がはっきりしていますが、雛は黒目だけです。しかもその黒目は親のものより大きいです。これがどのようにして白黒目になるのか不思議でした。
7.JPG

これは8月14日の雛の写真です。瞳を見てください。白目が出来ています。今まで黒目と思っていた目の中心部だけが黒目として残り、周りの黒い部分が白くなったのです。やっと親の目と同じ構造になりました。
8.JPG

まだ翼は十分に伸びていませんので飛べませんが、手を上げて飛ぶ練習をしています。
9.JPG

最近は3羽の雛はそれぞれ勝手に行動していますので、3羽揃っているのを撮るのは難しくなってきました。これは8月19日の写真です。もう大きさは親鳥とそれほど差がなくなりました。
10.JPG

まだこれからもトラブルがあるかもしれませんが、3羽の雛はかなり大きくなりました。巣立ちの日も遠くはないでしょう。無事に3羽飛び立って欲しいと願っています。
nice!(156)  コメント(19)  トラックバック(0) 

nice! 156

コメント 19

侘び助

カイツブリはもぐる動作が独特の様な気がしました?
名前に似ず、目つきの鋭い鳥ですね。
by 侘び助 (2013-08-22 17:29) 

kojiyan

よく細かい所まで観察されていますね
関心いたしました
by kojiyan (2013-08-22 17:50) 

旅爺さん

可愛いヒナの成長を見ていると最初の5羽が揃って旅立って行く姿が見たかったですね。
by 旅爺さん (2013-08-22 18:05) 

mimimomo

こんばんは^
色々観察されましたね~ 
我が家も雛を出さずにわたくしが出て行けば、寅夫も父親として
成長したかしらん(^0^
by mimimomo (2013-08-22 18:12) 

hatumi30331

観察楽しいね〜♪^^
by hatumi30331 (2013-08-22 20:19) 

katakiyo

自然界の中で生き残るのは大変なことが良く分かりました。
by katakiyo (2013-08-22 20:20) 

風来鶏

人間も動物も同じだと思うのですが、子供の頃に“可愛い顔”をしているのは、親に見離されないためなのでしょうね^^;)
by 風来鶏 (2013-08-22 20:47) 

mamii

よく観察していましたね、お疲れ様です。
by mamii (2013-08-22 21:36) 

テリー

うちの近くでも、カイツブリの雛が生まれましたが、結局、親しか、今のところ、見ていません。
by テリー (2013-08-22 22:53) 

ぽちの輔

残った3羽が元気に成長してくれるといいですね。
by ぽちの輔 (2013-08-23 06:23) 

GGI

たくさんのnice!とコメントありがとうございます。

KOBUさん、8,000個目のnice!ありがとうございます。

侘び助さん、カイツブリの水掻きは大きいのですごい勢いで潜りますね。それにとても怖い目をしています。

kojiyanさん、記事を気に入って頂きましてありがとうございます。

旅爺さん、そうですね、5羽揃って成長してくれると良かったのですが、残念です。

mimimomoさん、片方がしっかりしているからもう一方はサボっていられるのですね。やれば出来るんですね。

hatumi30331さん、見ていると飽きることがありませんよ。楽しいです。

katakiyoさん、自然界はやはり厳しいですね。

風来鶏さん、たしかに動物の子供はどれも愛くるしい顔をしていますよね。

mamiiさん、気に入って頂きましてありがとうございます。

テリーさん、やはり何かに襲われたのでしょうか。厳しいですね。

ぽちの輔さん、ぜひこの3羽は元気で飛び立って欲しいです。
by GGI (2013-08-23 08:16) 

青い鳥

カイツブリの目についての観察や寅夫と寅子の違い、
気を付けて観ることの大切さを教えて頂きました。
ありがとうございます。
by 青い鳥 (2013-08-23 09:23) 

六日のアヤメ

生まれて自立するまでどの世界でも大変なのですね!詳しく観察されていると次々に新しい発見があり、新たに疑問が生まれるので、目的をもって観察・撮影されているからこのように詳しく掲載されるのでしょうね。自立していなくなってしまうのも寂しい気もしますね。
by 六日のアヤメ (2013-08-23 11:38) 

さる1号

奥さん、出て行っても頑張って子育てするんだ
浪曲子守歌が頭の中を回っている~^^
by さる1号 (2013-08-23 20:55) 

GGI

青い鳥さん、細かいことですが気を付けて見ていると結構面白いです。

六日のアヤメさん、残りの3羽が無事に自立してくれるといいのですが。

さる1号さん、まさしく浪曲子守唄の世界です。寅夫も頑張っています。
by GGI (2013-08-24 07:54) 

まっちゃん

カイツブリの雌雄は微妙な違いなんですね〜
普通だったら個体差で済ませてしまいそうです。
by まっちゃん (2013-08-25 10:20) 

GGI

まっちゃんさん、今回示した寅子と寅夫の見分け方は彼らの個体差であって、雌雄の差ではありません。雌雄の見分け方があるのかもしれませんが、私はわかりませんので寅子と寅夫は個体差で識別していました。
by GGI (2013-08-25 16:40) 

きんれん花

前にカワセミの子育て観察記で疲れ切った母親が育児放棄で
いなくなった話を読みました その後父親が見事に子育てを完了したとの話に感動しましたが 此処にも同じ父親がいたんですね
ほんのちょっとの違いでカイツブリの男女を見分けるんですね
観察力の素晴らしさ ナイスです
by きんれん花 (2013-08-29 09:33) 

GGI

きんれん花さん、カワセミの世界にも同じようなことがあったのですか。どの動物の世界も同じなのですね。
by GGI (2013-08-29 17:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。