So-net無料ブログ作成
検索選択

竹細工の文箱 [竹細工]

竹細工を習い始めて1年になります。これまでは簡単な籠や一輪挿しなどを作りました。少し本格的なものを作りたいと思い、実力以上に無理をして文箱の作製にチャレンジしました。A4サイズの文箱です。途中、師匠に助けられる場面もありましたが、何とか完成しました。

材料の準備から数えると5個月くらい掛りました。これが全体の写真です。上蓋は床面から5ミリほど浮いており、手を入れやすくしています。上蓋と内箱の枠組みをチーク材で作り、天板、底板、側板に竹細工を配置しました。上蓋は六つ目編み、内箱はあじろ編みを使いました。
1.JPG

これが半分開けた状態です。
2.JPG

上蓋を取った状態です。
3.JPG

上蓋の竹細工は六つ目菊編みで作りました。
4.JPG

一マスを拡大したものです。2ミリ、3ミリ、そして5ミリの3種類の幅の竹を用いました。
5.JPG

これは上蓋の側面の竹細工です。同じく六つ目菊ですが、天板より少し小さめです。
6.JPG

上蓋の内側には和紙を貼っています。
7.JPG

内箱の底板は交色あじろ編みを用いました。これは不本意な出来です。交点で竹がはみ出さないように作らなければいけないのですが、竹が厚すぎたために竹と竹の間を密着出来ませんでした。
8.JPG

内箱の側面にもあじろ編みを用いましたが、これは花ますあじろにしました。側面は表面からも内面からも竹細工が見えるようにするため、竹細工を2枚貼り付けたものを用いています。2枚とも同じ花ますあじろにしました。
9.JPG

これは内箱の底を裏から見たものです。底は見えないから竹の裏地をむき出しにしましたが、後で考えるとやはりここも和紙を貼るべきでした。
10.JPG

これは内箱にA4サイズの用紙を入れたところです。使い勝手からすれば両脇に5ミリくらい余裕を持たせるべきでした。
11.JPG

一応文箱が完成しましたが、反省点も多いです。次回作る時はもう少しうまく作れると思います。それにしてもこの文箱に何をいれましょうか。とりあえず、年金証書でも入れときましょうかね。

完成までにずいぶん時間がかかりましたが、それなりに達成感があります。次はもう少し難しい竹細工にチャレンジしたいと思います。
nice!(54)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 54

コメント 11

旅爺さん

作るのには気が遠くなるような素晴らしい作品ですね。

by 旅爺さん (2012-06-16 17:49) 

めもてる

はー!! 素晴らしい作品を作られました。
by めもてる (2012-06-16 18:02) 

セイミー

素敵な文箱が完成しましたね マネのできないて手習いですね
by セイミー (2012-06-16 18:20) 

原みつる

才オォ(。゚Д゚)ォオ才すごいですね~
      これを作ったなんて~~""ハ(≧▽≦*) パチパチ♪
芸術作品ですよね^^
by 原みつる (2012-06-16 18:50) 

春分

こういうのを見せられると、いつかやってみたいと思ってしまいます。
長生きしたいわけではないとも思うので、少しジレンマですが。
by 春分 (2012-06-16 18:50) 

青い鳥

素晴らしいデザインにみとれています。
ご自分に厳しいGGI様なので、厳しい評価をなさるのでしょう。
この優れた文化を絶やしてはなりませんね。
by 青い鳥 (2012-06-16 19:21) 

sabuchan

ご訪問とナイスありがとうございます。
プロ並みの出来具合ですね。すばらしい!
by sabuchan (2012-06-16 20:15) 

月夜のうずのしゅげ

こちらの気持まで繊細にしてくれます。
色違いの竹を使って細やかな模様を作っておられ、その妙なる落ちついた美しさに感嘆致しております。
by 月夜のうずのしゅげ (2012-06-17 09:23) 

GGI

たくさんのnice!ありがとうございます。

旅爺さん、お褒めの言葉ありがとうございます。

めもてるさん、お褒めの言葉ありがとうございます。

セイミーさん、60路の半ばを過ぎてからの手習いです。でも面白いですよ。

原みつるさん、拍手ありがとうございます。

春分さん、いくつになってもチャレンジすることは楽しいですね。

青い鳥さん、お褒めのことばありがとうございます 。

sabuchanさん、過分のお言葉ありがとうございます。

月夜のうずのしゅげさん、感動して頂きましてありがとうございます。

by GGI (2012-06-17 15:26) 

六日のアヤメ

竹細工をされていることは知っていましたが、こんなに精巧でデザインも素敵な作品ができたなんて嘘でしょう?!!(失礼・・・)ホントに驚きです。貴方も器用で根気よく取り組まれたと思いますが、よほど指導者が優れた方なのでしょうね。いろいろの種類の竹を使ってあり、面により、組み方が違っていますし・・・・作る前に精密な図面を書かれるのでしょうね。是非作品展示をして下さい。
by 六日のアヤメ (2012-06-17 16:31) 

GGI

六日のアヤメさん、気に入って頂いてありがとうございます。ご指摘のように師匠が素晴らしいのです。この作品は藤が丘地区センターの秋の展示会(たぶん、10月か11月)に出展すると思います。
by GGI (2012-06-17 20:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: