So-net無料ブログ作成
検索選択

寺家の雪景色 [寺家(じけ)]

昨日は関東地方も朝から雪でした。寺家にもけっこうたくさん降りました。朝起きて雪が降っているのが分かると、カメラ片手に寺家へ飛び出しました。こんな時に寺家に行くもの好きな人間は自分の他にはいないだろうと思って出かけたのですが、意外にもカメラをぶら下げた爺さんが2,3人来ていました。

寺家に行くと、熊野神社の杜も雪に包まれていました。
DSC09168.JPG

鳥居も白いので、雪の中に溶け込んでいます。階段の途中の赤い灯篭だけが目立っています。
DSC09390.JPG

鳥居の横にある稲荷堂の狐も寒そうです。
DSC09380.JPG

階段を上って後ろを振り返ると、桜の枝も雪まみれです。熊野谷戸の田圃も真っ白です。
DSC09239.JPG

熊野神社の境内にある赤い灯篭の屋根にも雪が5センチくらい積もっています。
DSC09192.JPG

熊野神社の本堂はしーんと静まり返っています。境内の雪の上にまだ足跡はありません。雪が降って一番乗りだったようです。
DSC09186.JPG

熊野神社から降りてきて山田谷戸へ行くと、白一色です。田圃は一面真っ白です。
DSC09272.JPG

むじな池では桜の木が重たく雪を載せていました。まるで満開の桜が咲いているように、真っ白な雪が桜の木を包んでいます。
DSC09300.JPG

標識も頭に一杯の雪を載せています。ストロボを光らせると、手前の雪が白く輝きました。
DSC09352.JPG

四季の家の椿のフェンスも真っ白ですが、椿の赤い花弁と黄色い雄しべが目立っています。
DSC09161.JPG

四季の家も遠くから見ると、雪にかすんでいます。
DSC09154.JPG

同じ場所から撮った今日の四季の家です。青空が広がり、昨日のモノクロ写真のような景色がカラー写真になったような変化です。
DSC09414.JPG

梅林の梅の木も昨日は雪に包まれていました。梅の花は雪に埋もれてほとんど見えませんでした。
DSC09315.JPG

今朝は一転して梅の花も生き生きと自己主張していました。
DSC09502.JPG

どこでもそうなのですが、寺家の景色も雪に包まれると日頃の景色とは大きく変わります。また雪が降ったら、カメラを持って飛び出すつもりです。
nice!(50)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 50

コメント 5

斗夢

こういう時はわたしは閉じこもりです。
皆さん本当に元気ですね!
by 斗夢 (2012-03-02 05:43) 

美美

今回は外出する気になれませんでした^^;
最後の一枚お気に入り~♪
by 美美 (2012-03-02 10:35) 

めもてる

私も雪がやむのを待ってから出ました。うーん次回は行動しないと雪景色の写真は撮れませんね。
by めもてる (2012-03-02 11:17) 

六日のアヤメ

寺家の見慣れた景色ですが、雪が降ると横浜市内とはどうしても思えませんね。民家に隣接した狭い谷戸なのに、山奥のような森厳な雰囲気が漂っていますね。カメラマンの力量でしょうか?転ばないことがモットーの私は、ひたすら隠っていました。出勤前に撮られたそうですが驚きです。しかし、カメラマンにとっては願ってもないチャンスなのですね。同じアングルの翌日とは全然感じが違っていますね。
by 六日のアヤメ (2012-03-02 19:57) 

GGI

たくさんのnice!ありがとうございます。

斗夢さん、コメントありがとうございます。私も出かけるまでは億劫ですが、エイヤッと声かけて出かけました。

美美さん、コメントありがとうございます。もうすぐ梅の花も満開になってもう少し綺麗な写真が撮れると思います。

めもてるさん、コメントありがとうございます。今年の雪は水分が多くてすぐ融けてしまいましたね。

六日のアヤメさん、コメントありがとうございます。雪が降ると景色がガラッと変わりますね。日が射してくると、また違った雰囲気になりますね。

by GGI (2012-03-03 13:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。